介護事務の年収はどれくらい?

人間、同じ時間で同じボニュームの仕事をするのであれば、なるべく多くの報酬を得たいものですよね!

 

もちろん、責任感ある仕事の場合は、その対価として多くの給与が与えられることになります。

 

また、スポーツ選手のように短期間で莫大な富を得ることもできるのです!

 

要は、頑張り次第でどうこうなるわけではないということです。

 

介護系の仕事は、残念ながら給与面での待遇が良くないというレッテルが貼られています。

 

では、介護系の業界で事務を担当する介護事務の場合、年収はどのくらいの水準なのでしょうか?

 

今回は、介護事務の給与の実態について解説していきます。

 

介護事務の年収は?

介護事務の全国平均の年収を見ていくと、300万円前後となっています。

 

これは、一般的な企業にお勤めの方と比較して、若干低めとなっています。

 

やはり、介護事務においても待遇は決して良いとは言えませんが、基本は事務をこなしていきこの年収と考えれば、そんなに悪い数字ではありません。

 

介護報酬請求という、重要なイベント時には残業しなければならないことも出てきます。

 

その点では、残業を行えばその分だけ年収はアップすることになります。

 

また、パートやアルバイトの場合は、年収ベースでは240万円前後であると言われています。

 

これも、一般的な仕事と比較しても平均的なレベルであるといえます。

 

介護業務と兼任すると年収はアップ?

最近は、介護事務を担当していても介護の現場と掛け持ちで仕事するケースも多く見られます。

 

介護の仕事をするには、資格も必要です。

 

だ意表的なものとしては、介護福祉士やケアマネジャーがあります。

 

これらの資格を持っていれば、一般的には資格手当が付くので年収的には確実に高くなります。

 

ただ、その分だけ実際に介護現場で働かなければならないので仕事内容は多岐にわたることになります。

 

介護報酬請求の時期ともなると、多忙を極める事になります!

 

ただ、その分の対価は十分に得ることができる事になります。