介護事務の仕事が主婦に向いている理由

介護職は多くの主婦が活躍中

介護福祉施設で行われている介護は、元々は各家庭の主婦が担当していた仕事です。

 

その関係からか、現在の介護職では多くの主婦が活躍しており、中には比較的高齢の方も見えます。

 

職場環境として女性が働きやすいので、自分1人だけで生活費を稼げるフルタイムでの勤務も狙えるのが大きな特徴です。

 

募集が多いのは、現場で色々な作業を行う介護士ですが、施設運営では書類手続きも欠かせません。

 

したがって、介護事務の資格を取得して、自分のスキルをアピールしておくことが効果的です。

 

家事や育児でブランクがある主婦でも働ける職場としては、1年間を通して求人が多い介護職が有力候補の1つにあがります。

 

細かい事務仕事は女性向き

事務処理では、スピードと正確性の両方が求められます。

 

関係者との円滑なコミュニケーションも必須であり、女性に向いている仕事とよく言われています。

 

事務員の経験がなくても、女性というだけで介護福祉施設の介護事務スタッフになれる可能性があるのです。

 

介護事務の資格は、その介護福祉施設で必要とされる事務知識を身につけている証明であり、無資格者より有利に動けます。

 

すぐに介護事務のスタッフになれずとも、介護福祉施設で地道にキャリアを積み、気長になれるチャンスを窺ってみましょう。

 

自宅で無理なく学習できる介護事務の養成講座は、椅子に座ってできる事務職への道を切り開いてくれます。

 

主婦にとって現実的な選択肢

主婦が再就職を志した場合、おおよそ医療事務か介護事務のどちらかになります。

 

前者の医療事務は、手頃な難易度と就職先の多さと相まって、いまだに主力の座を譲っていません。それに対して、後発の介護事務は、まだまだ未知数の資格です。

 

けれども、今後の流れを考えると、今のうちに介護事務の取得と実務経験を積んでおく方が有利になる可能性もあります。

 

医療事務はすでに完成された資格であって、今後の大きな発展が見込めない点が大きなネックです。

 

いっぽう、介護事務は発展途上であって、将来の資格見直しによる地位向上や、上位資格の新設、または、他の上位資格との連結も十分に考えられます。