介護事務スタッフになるには?

最近、介護事務の仕事が人気とは聞くけれど…「正直どうすればなれるのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

当ページでは、「どうすれば介護事務の仕事に就けるのか?」「資格は本当に必要なのか?」そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

介護事務のリアルな求人状況

介護事務スタッフ

 

求人サイトや情報誌をチェックしてみるとわかりますが、介護事務の仕事に限定すると、案件数がまだまだ少ないのが現状です。

 

少ない理由の1つに、すでに「事務スタッフ」が在籍していることがあげられます。施設では、専任のパートを雇っていたり、ベテランの介護士が腰痛の悪化などを理由に身体的負担の少ない事務を担当していたりするケースが多いです。

 

そのため、就職活動をおこなう際は、介護事務の仕事にこだわり過ぎず、広い視野を持って求人を探してみても良いかもしれません。

 

事務職に就きたいなら、パソコンスキルを身につけて、大手企業への派遣を考えてみるのも良いでしょう。どうしても介護業界で働きたいのであれば、多忙な時期は介護士として現場仕事も兼務するくらいの気持ちがなければカンタンに仕事を見つけることは難しいと思います。

 

介護士と事務を兼務するメリット

超高齢化社会の到来によって、「福祉」「介護」は身近な問題になりました。それに伴い介護サービスの需要は急増しており、”介護事務もこなせる即戦力の介護士”になればどこの施設にいっても引っ張りだこです。

 

たしかに、介護の現場仕事は決して最良とはいえません。巷では「給与が安い」「きつい仕事」「結婚できない」「汚い」「危険」といった”K”職場と言われることもあります。

 

しかし、マイナスのイメージだけでなく、「感謝される」「人の役に立つ」「人生を学べる」「人と接して楽しい」「失業がない(介護ニーズはなくならない)」といったプラスの部分もたくさんあります。

 

そのため、介護事務だけに専念できる求人が少ない今、現場で働く介護士まで見据えてチャレンジしてみることをオススメします。

 

仮に「介護事務のみ」の求人が出されていたとしても、人手不足の際は配置転換や業務の兼任も充分にあり得ます。また、パートタイムであったとしても、採用時の説明と異なる仕事を任せられる可能性だってあります。

 

ただし、一人前の介護士になることができたら、将来性は非常に高いといえるでしょう。わずか3年程度の実務経験、または資格取得をきっかけに同業他社へキャリアアップする事例も数多くあります。

 

介護事務として働きたいのであれば、将来的に「自分がどのような形で介護業界とか関わっていくのか?」といった部分まで踏み込んで考えてみると、この先の人生における選択肢も広がっていくと思いますよ。

 

介護事務の仕事に資格は必要?

介護事務の資格とは?

介護事務スタッフ

 

介護事務に関連する資格は全部で10種類近くあります。ですが、このなかに医師や看護師のような国家資格として認められている資格は1つもありません。

 

どの資格も、業界団体や教育機関で独自の検定試験が実施されており、これらの資格を総称して「介護事務の資格」と呼んでいます。受験資格が「不問」となっているものも多く、学歴や年齢を気にせず受験できることから、主婦や社会人、学生に大変人気があります。

 

人気の資格になると、年間の受験者数が3万人を超える資格まであるようです。

 

資格は役立つ?

このように多くの人が受験している介護事務の資格は、持っているとどんなことに役立つのでしょうか。

 

役立つのは、主に就職活動のときです。履歴書に取得した資格を記載することで、書類審査時に自分をアピールすることができます。また、取得するために学んだ知識や技術は現場でも役立ちます。

 

資格を持たずに、介護業界の求人に応募した場合、介護事務の仕事を任される可能性は”ほぼゼロ”と考えてよいでしょう。事務スキルが全くない人材をわざわざ事務所に回すことはないからです。

 

また介護福祉施設の多くは、一部の大規模なところを除き、個人クリニックの運営形態に近いです。そのため、資格による切り分けも完全ではなく、人手不足の際にはすぐに現場に放り込まれてしまいます…。

 

そのため、最初から有資格者として応募しなければ、介護事務スタッフになる見込みはないものと心得ておきましょう。

 

就職先を紹介してもらえる

介護事務の資格は、講座と試験がセットになっているものが大半です。そのため一定期間、通信あるいは通学講座で学習した後に、試験を受けて合格すれば資格が付与されます。

 

そして、講座によっては、修了生に対して就職相談や就職先の紹介をしているところもあり、中には非常に就職率の高い講座もあります。

 

その理由は、大手介護機関との連携。企業の中には、一般の求人サイトやハローワークでは募集をかけず、スクールの修了生を優先的に採用するケースが多いです。そのため、正職員就職率が98%を超えるスクールもあります。

 

つまり、介護事務専門で働きたいのであれば、資格を取得して仕事を紹介してもらうのがイチバンの近道になるのです。

 

資格は、一度取得してしまえば一生ものです。勉強ができる時間があるときに頑張って取得しておけば、将来かならず役に立つでしょう。

 

講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

介護事務スタッフ

 

介護事務の通信講座の中には、紛らわしい広告表現をみかけます。「わずか3ヶ月!」「修了後の就職サポートも充実!」と書かれていると、誰でも魅力的に感じますよね。

 

しかし、よく見ると主な就職サポートは派遣会社への登録だけだったり、就職活動についてもどのようにサポートしてくれるのか、どこにもくわしく書かれていなかったりする場合があります。

 

そのため、実際に受講を申込み教材が届いた後に、「こんなはずじゃなかった」と後悔することがないように慎重に選ばなければいけません。

 

各講座を比較する際は、スクール専門サイト「ブラッシュアップ学び」を活用すると便利です。10以上もある介護事務の講座を一覧比較&一括資料請求できます。

 

これから介護事務を目指す方は、気になる講座の資料を取り寄せ、それぞれの講座の特徴を確かめてみましょう。無料で送られてくるパンフレットには、講座のカリキュラムや料金以外にも、就職実績や実際に働いている人の声などが写真やイラスト付きで豊富に掲載されています。

 

パンフレットを雑誌感覚でパラパラと眺めてみると、新しい発見があって仕事のイメージも膨らみますよ。

 

ブラッシュアップ学び

キャプチャ

ブラッシュアップロゴ

ブラッシュアップ学び」を使えば、カンタンに人気の講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利です。無料で送られてくる資料には、業界情報や就職実績などがくわしく書いてあるので参考になります。まずは気になる講座の資料を取り寄せて、それぞれの講座の特徴を確かめましょう。

 

詳しい資料はこちらから