介護事務の資格は本当に役立つ?

資格取得は新たなキッカケ

資格を取得することは、自分の人生を変えるキッカケになります。

 

介護事務の求人は現状ではあまり見られませんが、介護福祉施設の需要そのものは拡大傾向にあります。

 

つまり、介護事務の資格における専門知識が役立つ機会は多く、事前準備になるのです。

 

介護業界で長く働いていれば、介護事務として働くチャンスもあります。

 

しかし、その数少ないチャンスがきても、その時点で一から教育しなければいけない無資格者と、即戦力となれる介護事務の有資格者では、結果が見えているでしょう。

 

人事配置については、基本的に経営陣から結果だけが伝えられるので、介護事務の有資格者になっておくことにも意味があります。

 

デスクワークは高齢でも可能

介護業界は他の業界よりも奉仕の精神が強く、周囲への協調性が求められます。

 

ですが、せっかく介護に適性があって、実際に実務経験を積んでも、高齢者の介添えによって腰痛になるなどの事態も考えられるのです。

 

いざそうなった時に、現場仕事しかできないのと、介護保険の請求手続きを知っているのとでは、雲泥の差がつきます。

 

介護福祉施設としても、その施設に慣れていて、信頼できる人物に長く働いてもらいたいものです。

 

介護事務の資格があれば、体を壊していても働けるデスクワークに回してもらえるかもしれません。

 

高齢でも働きやすいデスクワークになれれば、体への負担を気にすることなく、介護業界で働けます。

 

介護事務の資格は即効性がある

民間団体が認定している資格ではありますが、介護事務の資格には即効性があります。

 

実務的な内容だから、具体的に何ができるようになったかが明確であり、早く資格取得しておくことで先行者のメリットを享受できます。

 

資格の勉強は全て職場で役立ち、その勉強の成果は資格という形で証明可能です。

 

働きながら勉強できる点も大きく、本格的に介護業界で仕事をしていくつもりならば、取得しておいて損はありません。

 

人手不足の施設では、現場の介護士が書類作成を手伝うか、あるいは、持ち回りで担当するケースも考えられます。

 

自分ができることを増やせば、介護業界において有利な条件で転職できる人材になれるのです。