介護事務スタッフの勤務時間はどれくらい?

世の中には、人間が通常は活動を停止する夜中にも一生懸命働いている職業があります。

 

コンビニエンスストアの店員さんはその典型的な例であり、シフト制で朝まで勤務することになります。

 

来店者数が少ない分、仕事が楽そうに思えますがスタッフの数も少なく、また睡魔とも戦わなければならないので、意外と大変なものなのです!

 

介護系のお仕事でも同じことが言えて、老人ホームでは24時間常にスタッフさんが常駐していて、いざ何か発生した時には即座に対応することになります。

 

ただ、それは介護士の方が中心であり事務系の仕事の人の場合は日勤で働く人がほとんどなのです。

 

では、介護事務フタッフの場合は、具体的に勤務時間はどの程度となっているものなのでしょうか?

 

今回は、介護事務フタッフの勤務時間について紹介していきます。

 

介護事務スタッフの勤務時間は?

介護事務のスタッフの場合は、先に紹介した通り24時刊対応する必要はないので日勤で働くケースが殆んどです。

 

朝出社して、夕方には帰宅する、このペースで勤務することになります。

 

ただ、会社によっては朝と言っても10時に出社して、帰宅はその分夜にずれ込むというケースも多くあります。

 

それは、その会社の事業内容に起因するところがあります。

 

また、契約次第では基本は5時間程度の勤務、忙しい時には8時間勤務となるようなケースもあります。

 

休日出勤や残業もあるものなの?

基本は日勤で働くものなのですが、休日出勤や残業もすることも考えられます。

 

特に、介護報酬請求の時期になると多忙となるので、残業も必然的に多くなるでしょう。

 

これは、介護報酬請求は一度時期を逃すと翌月まで請求できないためであります。

 

何が何でも間に合わせなければならない仕事なのです!

 

また、老人ホームを運営している中で思わぬトラブルにも遭遇することがあります。

 

そうなると、残業して対応したり休日出勤することも出てきます。

 

ただ、必ず休日出勤や残業があるわけではありません。