介護の現場で求められる人材

資格よりも人柄

介護事務という職種はこれから広がりを見せる職種の一つです。介護事務という業務だけでなく色々な業務をこなす事ができるような人材を求められています。介護保険制度の全般を勉強するだけあって、介護保険制度についての知識はあると思われます。

 

介護関係について、色々な事を積極的に求めて仕事ができる人が、施設からすると求められる人材ではないでしょうか。

 

介護事務は事務職と言っても介護施設に属する人です。ただの事務がやりたくて来ている人とは違うという気持ちを持っている人が求められる部分ではないかと思います。

 

実際に介護事務だけでなく介護の現場でどのような事を求めますかと聞いた時、多くの施設の人が「介護に興味がある人」「介護という職場に誇りを感じている人」という答えがありました。

 

介護は決してキレイだけではできる仕事ではありません。そして気持ちがないとやっていけない職業です。人と触れ合う事、そして介護という職種自体に興味があり、これから成長して行こうと思っている人でないと、続かないのかもしれません。

 

ただの事務で介護事務の求人を探しているのであれば、気持ちの確認をしてみてはどうでしょうか。

 

専門知識があり、対応能力がある

介護の資格を取得するという事は、介護の専門知識は一通り勉強してあると判断されます。その知識を活かして仕事ができるかどうかという事でしょう。さらには対応能力があるという事です。

 

介護職は接客をする職種です。サービス利用者の人とも会いますし、介護をしている人と話す機会も多いです。ただレセプトを作成するだけが介護事務の業務ではないので、人と接して、対応していく事が大切です。

 

特に介護の現場では色々な人がいます。一般常識が通じない事も多々あるのです。そういった自分では理解できないような状態にも対応できるような能力を持ち合わせているといいかもしれません。でも究極は、そういった人達と接していく事が好きな人が介護の職に合っているのかもしれないです。