介護事務管理士技能認定試験とは?

介護事務の資格

介護事務の仕事に就きたいと思ったらまず資格を取得する必要があります。介護事務の資格は色々ありますが、その一つが介護事務管理士技能認定試験と言います。メジャーで、多くの人に受けられている資格です。

 

介護事務管理士自体が、株式会社技能認定振興協会が認定している介護事務の資格になるので、有名かつ認知度が高い資格なのです。

 

介護事務の職に就くときに資格を取得しているか聞かれる事がありますが、メジャーで認知度が高いものの方が就職率はあがります。

 

そういった意味でも介護事務管理士技能認定試験は介護事務の資格の中でも有効な資格と言えます。

 

介護事務管理士技能認定試験

介護事務は、介護サービスを提供しているそれぞれの事業所の中で、介護に関する費用の請求をする事が主な仕事です。介護事務管理士技能認定試験は、特に介護の請求など介護事務の確実な制度の勉強になります。

 

介護事務は、介護サービスについてシステムや内容を知っていないとできない仕事です。今、介護事務自体がパソコンソフトを入れての仕事が多いですが、やはり大まかな道筋は知っていないとできないものが多いです。その為、介護サービスシステム全面の内容を把握するための試験になります。

 

この認定試験では、他の介護事務の資格の中でも、より細かいルールの勉強になっています。

 

また介護事務は、介護に関する費用の請求だけでなく、ケアプランに関しても、ケアマネジャーの業務をサポートする、介護サービスの事業所の運営内容なども把握する事もあります。

 

そういった細かい介護事務の仕事がこの介護事務管理士技能認定試験で活かされる事になります。

 

この資格を取得した事で、ヘルパーステーションや、訪問看護ステーション、デイサービスなどさまざまな介護施設に置いて活用できるようになります。また介護施設だけでなく、医療関係や保険会社でも介護事務の資格を取得する事で採用されるようになりました。