介護事務の仕事|待遇は良い?悪い?

介護事務の仕事について、その待遇が良いのか悪いのか、気になる方も多いと思います。

 

介護業界は、総じて待遇が悪く、仕事と給料が合っていないということが言われ続けている業界です。

 

ですが、介護事務となれば何か事情が異なるのか、そのあたりを見てみましょう。

 

介護事務の仕事 待遇は良いの?悪いの?

介護事務の待遇が良いのか悪いのかを調べるために、まずは給料から見ていきたいと思います。

 

いくつかの有料老人ホームの求人から、介護事務の給料をご紹介します。

 

○A施設…正職員 月給20万円(東京都)
○B施設…パート 時給1,000円(東京都)
○C施設…正職員 月給16万円(神奈川県)

 

このように、正職員かパート・アルバイトなのかによっても給料が異なりますし、勤務地によっても異なります。

 

また、同じ正職員の中でも、施設によっては給料に差が生じることになります。

 

見たところによると、低くても15万円以上の給料となりますので、肉体労働である介護士よりは給料が高いと言えます。

 

時給1,000円で残業もほぼ無いというのは、割と待遇が良いとも感じられます。

 

もし、正職員かつ介護関連の資格があるという方の場合には、給料が少し上がる可能性があります。

 

ちなみに、同じ介護業界で働く介護士は、長く勤務していても14万円程度の給料が相場です。

 

加入保険については、雇用保険、労災、健康保険、厚生年金などがあります。

 

上限つきで交通費の支給を行っているところもありますし、事務職員の研修などが行われているところもあります。

 

この辺りは施設によって異なりますので、事前にしっかり調べておくことが大切です。

 

総じて見てみると、そこまで待遇が悪いというようには感じられません。

 

落ち着いた雰囲気の中、肉体労働を行うわけでもなく仕事をすると考えると、待遇は良いと感じる方も多いのではないでしょうか。