介護事務の資格を取得するには?

介護事務になりたいという方は、その介護事務の資格取得の方法について、とても興味があるのではないでしょうか。

 

ここでは、介護事務の資格を取得するにはどうすればいいのかという事を、ご説明していきます。

 

そもそも介護事務の資格って必要なの?

介護事務として勤務するためには、絶対に介護事務の資格が必要となるのでしょうか。

 

実は、介護事務として勤務するために必須となる資格は、今のところありません。

 

ですが、介護事務の資格を取得することによって、その専門的な知識や技能を存分に活かす事が可能となります。

 

介護事務の仕事は専門的な内容となるものがあるため、無資格の状態から仕事をしようとすると、行き詰ってしまうこともあります。

 

ですので、自分と自分の仕事に信頼性と確実性を持たせるためにも、介護事務の資格は取得しておくべきものと言えます。

 

介護事務の資格を取得するには?

介護事務の資格は、全てが民間資格となっていますので、それぞれの認定団体によって、資格の取得方法や試験、名称などが異なります。

 

そのため、どの介護事務の資格を取得するのかによって、その取得方法には多少の違いが生じてきます。

 

まず、資格を取得する方法として、以下のようなものがあります。

 

・通学講座にて取得する
・通信講座にて取得する
・独学で取得する

 

では、いくつかある介護事務の資格の中から、一つを例にとってみてみましょう。

 

ケアクラーク

こちらの資格は、財団法人医療教育財団が認定している、ケアクラーク技能認定試験を受験することによって取得できます。

 

この試験に対応している講座としては、ニチイの介護事務講座があります。通信講座と通学講座、Webカレッジコースが用意されており、試験対策として受講される方が多くおられます。

 

受験資格は特に無く、講座を受講して対策を行うも良し、独学で受験するも良し、自分の好きな方法にて受験することが出来ます。

 

ただ、レセプト作成の実技試験が含まれますので、独学で受験するよりは、ニチイの講座を受講し、しっかりと対策しておくことがおすすめです。