介護事務|求人状況はどう?

今の日本は超高齢社会となり、介護や福祉の充実がますます課題となっている状態です。

 

そんな中、介護施設は増えているものの、入居待ちの高齢者がとても多くおられ、対応が急がれています。

 

介護事務は、主に介護施設などで勤務することになりますが、施設が増えているという事で、求人も増えているのかが気になるところです。

 

ここでは、介護事務の求人状況について、見ていきたいと思います。

 

介護事務の求人状況は?

介護事務の求人状況を知るために、とある求人サイトで検索をしてみました。

 

結果、約37,000件の介護事務求人を見つけることが出来ました。これは、一つの求人サイトにて検索し、全国で見た際の結果となります。

 

では、どのような内容となっているのか見ていきましょう。

 

とある有料老人ホームの求人情報では、介護事務の資格がある方を優遇し、正社員としての募集がありました。

 

こちらの場合、月給が17万円となっており、介護事務の資格の他、介護業界での業務を経験している方を歓迎するとのことです。

 

雇用形態は、正社員、パート、アルバイトなどがあり、残業もあまり無いというのが一般的となります。

 

初めのうちは施設の雰囲気に慣れない場合でも、家庭的な施設や事業所が多くなっていますので、その点は心配する必要はありません。

 

仕事内容としては、介護報酬請求業務、電話対応、窓口対応、雑務などがあります。

 

主に、レセプトの作成を行っていく事が仕事となりますので、デスクワークを行う事がほとんどです。

 

ですが、介護事務の求人の中には、事務職が介護職を兼任するという内容のものもありました。

 

この場合の兼任は、実際に排泄介助や入浴介助を行うというわけではなく、見守りや話し相手、食事の配膳などという程度となっています。

 

また、多く見られたものとして、「PCスキルのある方」「運転免許のある方」というものがありました。

 

PCスキルというのは、介護事務の主な仕事であるレセプト作成の際に使用するために必要となります。

 

運転免許というのは、事務職が利用者様の送迎なども担当する施設の場合、必要となる場合があるようです。

 

給料はどれくらい?

給料は、正社員の場合15万円?18万円程度、パートの場合時給900円?1,000円程度となっています。

 

どちらにせよ、あまり高くは無いというのが現状です。介護職員よりは少し高めの給料といったところです。

 

待遇などは各施設によりますが、社会保険などが完備されているところが多くなります。

 

一度見学に行くなどして、働きやすいと感じる職場に応募することが大切です。