介護事務の現状について

介護事務だけの求人は少ない

介護制度がまだ新しいという事もあり、介護施設内のサービスや仕事の定着がまだまだな事から、介護事務単独のお仕事というのは少ないのが現状です。

 

介護施設や介護サービスで働いているケアマネジャー、介護福祉の人が兼任する形で事務処理を行っている所がまだまだ多くなっています。それでなんとか手が足りている事が多いといった所でしょうか。大半の介護施設では兼任として雇われる事の多いのが現状です。

 

ただ、大き目な介護施設などは、それぞれの仕事プラス事務処理の仕事を担当するとなると仕事の負担が大きい為、介護事務を募集している所が増えてきました。

 

また逆に介護事務ができる人に事務処理以外の運営の仕事を任せるような場面も見られます。その求人を探すのが難しいので、今はまだ介護施設だけで仕事を探す人も少ないかもしれません。

 

プラス介護事務の資格と言う考え方

逆に考えてみると、ケアマネジャーやヘルパーなどのスタッフで働く際に介護事務の資格を持っている事で採用されやすいという事もあります。介護施設によっては資格手当がつく事もあり、介護事務を持っておく事で有利になる事はあります。

 

ヘルパーなどある程度の年齢がくると難しいと思われる仕事でも、介護事務と兼任して働いていて、いずれは年齢的に難しくなった時に介護事務に移行するという人も少なくありません。

 

スタートスタッフを探す

介護施設は今増え続けています。大きな老人ホームや特養、そして小規模のデイサービスなどさまざまです。そのスタートスタッフとして仕事に就くと、介護事務だけの仕事でなく、介護施設自体の運営をお手伝いする事ができます。

 

本来の介護保険の請求の手続きの事務だけでなく、運営に関わる事務もさせてもらえる事が多いです。その為に、介護事務だけでなく一般の事務経験があると有利と言えます。

 

今はまだ介護事務の求人は少ないのが現状ですが、これから事業として拡大していくので、介護保険が根付いてくれば来るほど、介護事務という資格が活かせるようになるのも時間の問題と言えます。