介護事務のニーズはどれくらいある?

日本では、恐ろしいスピードで高齢化が加速しています。

 

そんな中で、問題視されているのが老々介護の問題です。

 

介護をする人が既にお年を召している方が多いということになります。

 

介護は非常に力が必要な仕事になるのですが、それをお年寄りの方に実施させるのは酷ですよね。

 

介護サービスをお願いするにしても、費用はかかりますし需要に対して施設が不足している側面もあります。

 

更には、介護士不足も深刻な問題となっているので、八方ふさがりな状態なのです!

 

このように、介護のニーズは確実に高くなっているのですが、介護事務のニーズはどのようになっているものなのでしょうか?

 

今回は、介護事務のニーズについて紹介していきます。

 

介護事務のニーズはあるの?

介護事務の主な仕事は、介護報酬請求です。

 

介護が行われると、介護を受けた人と保険者に対して介護報酬を請求することになります。

 

実は、介護報酬の殆どは保険者が負担することになり、何と9割も負担していただいているのです!

 

その請求業務をメインに行うわけですが、単純に介護の回数が増えれば介護報酬の請求回数も増加します。

 

その意味では、介護のニーズが高まれば自然と介護事務のニーズがアップすることになります。

 

よって、今後も介護事務は多くのところから求められる仕事になるのは間違いありません!

 

実際に介護事務として働くには?

そんなニーズの高い介護事務ですが、求人がないと働くことができません。

 

介護士に比べて人気の高い仕事になりますので、結構倍率も高いのです。

 

ニーズが高いとはいえ、実は就職するのも一苦労な状況となっています。

 

介護事務として採用されるためには、資格を所有しておくことが近道となります。

 

介護事務の資格は国家資格ではないのですが、医療事務と並んで人気の高い資格になります。

 

独学で勉強して、試験をクリアすれば取得できるものもありますので、まずは介護事務に関する資格を取得してみてはいかがでしょうか?