介護事務の資格の種類はどれくらいある?

介護事務の資格には様々な種類があるため、どれを取得すればよいか悩んでしまいますが、知名度や認定度の高いものを選択することがポイントだと言えます。

 

民間団体が認定しているものですから国家資格とは異なりますので、試験を受けて取得する公的なものから講習などのカリキュラムを履修することで取得できるものまで様々なだと言えます。

 

また民間団体が認定しているものですから、介護施設によって求める内容が異なるケースも出てきます。民間団体が認定しているものですから難易度は低いと言えますので、経済的な余裕があれば複数の介護事務資格を取得するのも良い方法だと言えます。

 

介護事務はそれほど需要が高いとはいえない職種ですから基本的には誰でもできる仕事となりますので、資格を持っていなくても携わることが可能です。現在では介護事務の募集はそれほど多くはありませんが、介護業界は確実に需要が高まっていきますので、取得することにメリットはあると言えます。

 

資格の必要性

介護事務の資格試験では、介護報酬明細書に関する知識だけではなく、老人社会学や心理学、医学や介護の法規などから出題されます。これほど数多くの種類の問題が出題されるのは、介護事務の仕事は介護報酬明細書を作成するだけではないからです。

 

介護施設で働く以上介護に関する最低限の知識は必要になるので、試験で出題されています。雇用する介護事業者も、介護事務員を雇う際には資格を重視します。

 

資格を取得していると、介護報酬明細書に関する知識はもちろんのこと、介護に関するさまざまな知識を併せ持っていることも証明されていますので、安心して雇うことができるのです。

 

実際に介護事務員の求人を調べてみると、必須になっていることばかりです。取得していないと求人に応募することができない現状なので、必要性はかなり高いといえるでしょう。

 

介護事務員として将来働きたいなら、まずは勉強をして試験を受けて、資格を取得するようにしてください。