介護報酬請求業務とは?

介護報酬請求事務の画像

 

介護事務とは、介護施設などでおこなう事務作業全般のことです。

 

ただし、事務といっても一般の企業でおこなわれている仕事とは大きく異なります。

 

たとえば、もっとも大切な業務の1つに「介護報酬請求業務(レセプト業務)」があげられます。日本では、介護サービスを受けた利用者はその代金の1割を本人が負担し、残りの9割は保険者(市町村)が負担することになっています。

 

介護報酬請求業務とは、利用者さんの介護給付費明細書(レセプト)を作成し、介護サービス費を請求する作業のことです。

 

レセプトに「入力の誤り」「記入漏れ」「計算ミス」などがあると、その月に施設が提供したサービス費用が入金されないこともあるため、経営の根幹にも関わる重要な仕事といえるでしょう。

 

当ページでは、介護報酬請求業務の流れや仕組み、注意点についてくわしく解説していきます。

 

介護事務の仕事に興味のある方はを参考にしてみてくださいね。

 

介護報酬請求業務の流れと仕組み

月一度、介護事業所は、前月に提供したぶんの介護報酬を市町村に請求しなければなりません。

 

そうすることで、その翌月に介護報酬が事業所に入金される仕組みになっています。

 

これを介護報酬請求業務といい、介護事務員は専用のパソコンソフトを使って「介護給付費明細書(レセプト)」を作成、市町村に電送しています。

 

以前はすべて手書きで作成されていたレセプトも、レセコンの導入によって、ほぼ全ての施設でインターネットを使ったオンライン提出が可能となりました。

 

ネットの普及によって、作業面で効率的になった反面、介護事務員にはパソコンの操作が求められるので、働くためにはそのスキルを習得しておく必要があるといえます。

 

また規模の大きな施設では、1ヶ月に何百枚ものレセプトを提出しなければなりません。介護施設の経営にも直結する重要な業務なので、算定漏れや記入ミスがないように集中しておこなうことが求められます。

 

仕事で求められる能力

@記憶力

まずは「どんな場合、どんなサービスが何点になるのか?」という介護報酬点数を把握しておくことが基本。

 

とても膨大なうえに、たびたび制度の改正もあるため、変更点を確認するだけでも大変です…。

 

すべてをカンペキに頭に入れておく必要はありませんが、少なくとも自分の職場でよくおこなわれるサービスに関しては、ある程度覚えておかないといけません。

 

慣れないうちは、介護報酬点数表をみて、知りたい部分を瞬時に調べられるくらいの能力は身につけておきたいところです。

 

A学び続ける向上心

介護事務員は、介護報酬のスペシャリストとして、施設の収入に関わる一大業務を担っています。

 

単純に介護サービスの記入をするだけでなく、「◯◯さんには△△のサービスもおこなっているはず」といったように、周りのスタッフの記録もれを指摘できるくらいの知識は備えておきたいところ。

 

また、同じサービスでも利用者さんが違えば、特殊な状況に対応したぶんの点数も合わせて請求できるケースがあります。そのような細かい部分は、介護報酬の専門家である介護事務スタッフだからこそ気付ける点です。

 

このように、勉強すべきことは山ほどあり、プロ意識の高いスタッフほど、日々学び続ける姿勢を大切にしています。逆に、そこまでしなければ現場で求められる人材になることは難しいともいえるでしょう。

 

仕事で大変な部分は?

返戻や査定の恐怖…

介護事務員にとってイチバン怖いのが「返戻(へんれい)」です。

 

これは記入漏れや算定ミスなどがあった場合、介護給付費明細書(レセプト)が差し戻されることをいいます。当然、その分の入金が遅れるため、働いている施設にも大きな迷惑をかけてしまいます。

 

そして、もっとも恐ろしいのが「査定」です。これは利用者さんに対しておこなった介護サービスが妥当なものと認められないことです。この場合、その分の介護報酬は支払われません。

 

介護報酬請求業務とは、このような返戻や査定を防ぐためにおこなう仕事ともいえます。

 

実は、わたしも介護事務の仕事に就いて間もない頃、電送する際に間違いを起こしてしまったことがあります…。

 

当時、まだ仕事に慣れていなかったこともあり、毎回上司であるケアマネジャーにチェックをしてもらっていました。しかしある日、連絡の行き違いですでに”チェック済み”だと思っていたレセプトを電送してしまったのです。

 

まだチェックされていない明細書の中にたまたま間違いがあり、後日、市町村に取り消しの申し立てをしたのを覚えています。

 

上司には「誰でも1回はやってしまうミスだから、これから気をつけよう」「みんな通ってきている道だから」と慰めてもらい、二度と同じ過ちはしないと心に決めました。その後、一度もミスはしていませんが、月に一度の電送時だけは毎回緊張感をもっておこなっています。

 

最近では、レセプト業務も専用ソフトで処理するため、間違いが発見されにくくなっています。それだけに、必要事項が正確に入力されているのか入念なチェックが必要です。

 

見落としがないように計画的に作業を進めることが大切なのです。

 

毎月の締め切り直前は忙しい!

レセプト(介護給付費明細書)は、同じ利用者さんが月に何度来所しても、1ヶ月分をまとめて提出しなければなりません。

 

つまり、前もってレセプトを作成しておいても、その利用者さんが31日に来所したらもう一度作り直し…。レセプトの作成はその月が終わらないとできないのです。

 

しかも、締切は毎月10日まで。その締切は1月だろうが、5月だろうが変わりません。

 

そのため、レセプトを担当する介護事務員は、お正月やゴールデンウィークにゆっくり休みを取れない場合もある、ということを頭に入れておきましょう。

 

仕事のやりがいとは?

ここまで何度も書いてきましたが、レセプト業務はミスが許されない仕事です。

 

どんなときも、緊張感を絶やさずに仕事に取り組まなければいけないため、大変だと感じる部分はたくさんあります。

 

でもそのぶん、毎月10日にレセプト業務が終わると、喜びと同時にホッとする感覚を味わえます。難しい仕事だからこそ、達成感や日々の成長を実感できるのです。

 

また、一緒に働く仲間は大きな支えにもなってくれます。忙しいときには助け合い、励まし合って、困難を乗り越えていくことが大きなやりがいにも繋がっています。

 

そして何より大きな力をくれるのが、事業所の利用者さん達。わたしは訪問介護事業所で働いているので、隣接している通所リハビリや通所入浴に通う利用者さんが大勢います。

 

リハビリ、入浴のキャンセルの電話を受けるのも介護事務の仕事。電話をしているうちに、私のことを娘のように思ってくれる方や、心の拠り所と思ってくれる方がいることに気がつきました。

 

なかには、電話だけでなく、たまに事業所に立ち寄って顔を見にきてくれる利用者さんもいます。そして「お仕事がんばってね!」「いつもありがとう!」と言われると、どんな大変なときでも笑顔にならずにはいられないのです。

 

介護事務員なくして、介護事業は成り立ちません。そう考えると、本当にやりがいのある仕事だと思います。

 

介護事務資格を取得するなら

ブラッシュアップ学びキャプチャ

 

ブラッシュアップ学び」は、情報量No.1の一括資料請求サイトです。

 

ユーキャン・ニチイ・日本医療事務協会などなど…全て含めると10以上ある介護事務講座を一覧比較、まとめて資料を取り寄せることができます。

 

講座選びで失敗しないポイントは、申し込む前にパンフレットの中身をじっくり確認して比較すること。パンフレットには、先輩の体験談や就職実績などがたくさん紹介されているので、パラパラと雑誌感覚で眺めてみるだけでも参考になりますよ♪

 

入力は1分かかりません。無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

 

資料の無料一括請求はこちらです!