介護事務はどんな仕事をする?

介護事務の仕事

 

2000年から国の公的制度である介護保険制度が始まり、それに伴い介護事務スタッフの需要はどんどんと高まっています。

 

とはいえ、

 

「介護事務に興味はあるけど、どんな仕事をしているのかよく分からない・・・。」

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

実際に経験したことがなければ、あまりピンとこないのも当然です。

 

そこで当記事では、介護事務歴10年以上の筆者が、介護事務の仕事内容について詳しく解説していきます。

 

興味があるけど中々一歩を踏み出せない・・・という方はぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、一緒にみていきましょう!

 

介護事務の仕事とは?

介護事務とは、

 

・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・グループホーム
・デイサービス

 

これら介護施設において、事務をおこなう人のことです。

 

主な業務は以下の通り。

 

・介護報酬請求事務
・受付業務
・問い合わせ対応
・総務、経理、人事など

 

なかでも、一番のメインになるのが『介護報酬請求事務』。いわゆるレセプトの作成になります。

 

@介護報酬請求事務

この仕事を理解するためには、介護保険制度の仕組みについて抑えておく必要があります。

 

まず、介護サービス費用は高額なため、市町村がその利用料の9割を負担し、残りの1割をサービス利用者が支払う仕組みになっています。

 

その際、介護事務スタッフは『介護給付費明細書(レセプト)』を作成し、国が負担する9割を国民健康保険連合会(国保連合会)を通して市町村に請求、残りの1割を利用者に請求しなければいけません。

 

この一連の流れを『介護報酬請求事務』と呼ぶのです。

 

ちなみに、介護事務スタッフが作成した『介護給付費明細書(レセプト)』は、国保連合会にて審査を受け、審査を通ったもののみ各事業所に入金されます。

 

各事業所にとって、介護報酬は大切な収入源です。万が一ミスをして入金が行われないと経営にも関わる重大な事態に発展しかねません。

 

そういった意味でも、介護事務スタッフが担う役割は大きいと言えるのです。

 

介護給付費明細書(レセプト作成)の注意点

介護報酬の請求は、月の末日までにサービス提供したものを、翌月10日までに国保連合会(市町村)に提出しなければいけません。

 

万が一、介護レセプトの提出が間に合わなかったり、提出漏れなどがあったりした場合は、サービス提供月の翌々月以降に請求することも可能ではありますが・・・。

 

原則、納期を遅れることは許されません。

 

このような理由から、しっかりと期限を守れる責任感のある人じゃないと、介護事務の仕事は務まらないと言えるでしょう。

 

 

A受付業務

介護事務員にとって、受付も欠かせない仕事の一つ。

 

あくまで一例ですが、とある介護施設で、受付スタッフの対応が好ましくないために、収益が前年比で10%以上も低下したケースもあるそう・・・。

 

特に介護施設や医療施設では、受付の態度がその施設の第一印象を決めてしまうといっても過言ではありません。

 

例えば、初めて施設の見学に来られた方が、最初に接触した受付のスタッフにあまり良いイメージを持たなかった場合、その方は施設に入所しようと思うでしょうか?

 

もちろん、それだけで決めるわけではありませんが、確実にマイナスな影響を与えてしまうでしょう。

 

また事業所や施設で働いていると、サービスの利用希望者から申し込みや問い合わせの電話がくるケースも多く、ケアマネージャーや担当者が不在の時は代わりに要件を聞く場合もあります。

 

介護施設を利用するのは高齢者です。その特有の心理についても十分に配慮したうえで、自分の言動や態度一つ一つに気を配る必要があるのです。

 

 

B総務、経理、人事など

介護事務のメイン業務である『介護報酬請求事務』以外にも、施設によってはスタッフの勤怠管理を任されたり、備品の発注をおこなったり、あるいは採用担当を任されたりすることもあります。

 

他にも、事業所内のミーティングに参加したり、ケアマネージャーや介護職員とその日の打ち合わせ、必要に応じては連絡を取り合ったり・・・・。

 

さらには、利用者の要支援介護の度合いによって介護ケアサービスの利用料は決まっているので、認定期間を過ぎると更新手続きが必要になってしまいます。そのため、ちゃんと期限が切れてないか、そのチェックをするのも介護事務の大切な仕事の一つなのです。

 

ズラズラと書いてきましたが、とにかくやることはたくさんあります。

 

時には、メイン業務以外にもさまざまな業務に携わることもあるでしょう。特に正社員として働くのであれば、単純に月1回のレセプト業務だけを行っていればOKというわけにはいきません。

 

自分の仕事一つ一つが、施設や事業所の運営につながっていると認識し、日々の業務にあたることが大切なのです。

 

 

最後に伝えたいこと

介護報酬請求事務は、介護保険制度に基づいて行われるため、改正などがあった場合にはその都度対応してく必要があります。

 

つまり介護事務として働くのであれば、常にそのような情報に敏感でなければいけません。

 

そもそも論、介護サービス利用料の支払い財源は、公費5割、残りの5割は40歳以上の国民が支払う介護保険料によって賄われています。

 

言い換えれば、介護事務スタッフの仕事は、月一度『介護給付費明細書』を作成し、それを国民健康保険連合会に電送することで、大切な財源から事業所にお金を入れてもらうということ。

 

要するに、国民にとっても、事業所にとっても重要な役割を担っていると言えるのです。

 

今回は多少厳しいことも書きました。しかし、介護事務が責任感の求められる、やりがいのある仕事であることに変わりはありません。

 

まだまだ人手不足の業界なので、当記事を読んで一人でも多くの人が介護事務員を目指すキッカケになれたら嬉しいです。

 

またこちらの記事では、介護事務員になるまでの道筋をより具体的に解説しています。興味のある方は併せて読んでみてください。

 

 

以上、最後まで読んでくれてありがとうございました。