ヒューマンアカデミーの介護事務講座の特徴

専門のスキルが必要だと思ったら、医療関係の仕事がお勧めです。特に介護関係の仕事は、常に人材が不足していて、優秀な人材が求められている業界です。

 

急速な高齢化社会は、今や日本の社会問題となっています。介護の世界で働こうという意欲がある人は貴重な存在だといえるでしょう。

 

介護の現場で働きたいと思ったら、介護事務の講座はいかがでしょう。介護の現場で即戦力となるスキルが学べるとあって、医療事務初心者の人も勉強をしています。

 

ヒューマンアカデミーの介護事務講座の特徴として、講座が終了すれば、修了認定がもらえるとあって人気がある講座です。わざわざ試験を受けることなく、しっかりと講座を受講すれば資格が取得できるので、多くの女性が受講しています。

 

介護事務のスキル以外にも、パソコンが使いこなせるスキルも必要です。ヒューマンアカデミーなら、コンピュータ処理の方法も学べるとあって、パソコンが苦手だという人にも評判が良いです。

 

カリキュラムとメリット

高齢化が続いている日本において、介護事務の需要は年々高まっています。介護事務の講座はいろいろありますが、ヒューマンアカデミーは試験を受けなくても、講座を修了した時点で介護事務士の資格を取ることができるというメリットがあります。

 

ヒューマンアカデミーの講座のカリキュラムは、介護保険制度、介護報酬、介護報酬請求事務ソフト、実力診断テスト、修了認定試験となっています。また、添削課題が5回あり、内4回は上記で学んだ内容の実力診断テスト、最後の1回は修了認定試験です。これらの課題をクリアすれば、最終的に資格を得られます。

 

基本的にはテキストや演習問題集などを使用しますが、コンピューター処理については自分のパソコンに介護報酬請求事務ソフトをインストールし、ケアプラン作成から明細書作成まで実際に行います。

 

また、複雑な介護保険制度の仕組みや請求などについては、DVDで講義を聴くことができますのですんなり頭に入っていきます。