介護事務|主な就職先は?

介護事務として勤務することになれば、どのような就職先があるのでしょうか。

 

ここでは、介護事務の就職先についてご紹介していこうと思います。

 

介護事務の主な就職先は?

介護事務は、主に介護施設や事業所などに勤務し、レセプトの作成などの仕事を行います。

 

主な就職先としては、以下のようなものがあります。

 

・有料老人ホーム
・訪問介護ステーション
・介護老人保健施設
・在宅介護サービス事業所
・特別養護老人ホーム
・デイサービス
・福祉用具レンタル企業

 

などなど、就職先は主に介護保険に関する事業を行っているところで働きます。

 

介護施設などは、慢性的な人手不足が続いているために、事務職であっても介護職員と一緒に介護を行うことがあります。

 

そのような場合に備え、介護職員初任者研修などの介護の入門資格を併せて取得しておくと良いと思います。

 

「事務職なんだからデスクワークだけでしょ?」と、気軽に考えていると、後で後悔することになるかもしれません。

 

もちろん施設や事業所によって異なるのですが、もし介護職も兼任するとなった場合には、利用者様に迷惑をかけることが無いよう、介護の知識も併せ持っておくべきです。

 

また、事務員が仕事をする場所は、施設や事業所の窓口として、お客様や利用者様のご家族様が来られた際に、初めに関わることになる場所です。

 

事務員が愛想のない対応をしたり、どこか冷たい感じの対応をすると、それだけで施設や事業所全体の印象が悪くなってしまいます。

 

また、利用者様が顔を出されることもありますし、話し相手になることもあります。

 

そのような事が面倒と感じたり、利用者様との関わりを避けるような方の場合、介護事務は向いていないと言えます。

 

「事務なのになんで利用者様と関わらなくてはならないの?」と感じる方もおられるかもしれませんが、介護事務が行うレセプト作成は、利用者様に関することです。

 

そのような点もしっかりと理解し、どのような施設や事業所であっても、事務の仕事だけをこなすという事が大事なわけではないと、理解していただけたらと思います。