介護事務の資格は、就業するうえで必要?

本日は、介護事務資格を取得するメリットについて書いていきたいと思います。

 

これから資格を取得しようと検討中の方にとって、介護事務講座を受けるべきか、否か悩んでいる方も多いのでは無いでしょうか。

 

厳密に言えば、介護事務資格は民間資格であり、無資格でも業務に就いて、バリバリと活躍されている方は、大勢いらっしゃいますので、資格がなくても働くことはできると言えます。

 

よく私も在職中に、「介護事務の仕事をするうえで、資格は事前に取得しておいた方が良いのですか?」という質問をよく受けていましたが、答えは「どちらとも言えない。」というのが正直な所です。

 

資格取得するメリット・デメリット

今まで介護・福祉業者で働いた経験が無い方にとっては、就業するうえで最低限の知識として勉強をしておいた方がいいのかな、と考えるのは当然の事だと思います。実際に介護事務資格を取得するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

実際に介護事務の業務を遂行するうえで、資格を取得しておかなければ全く仕事が出来ないか、といえばそうではありません。

 

しかしながら、介護事務の仕事の中では、一般には聞き慣れない、介護保険制度特有の用語、計算方法が沢山出てきますので、事前に勉強をして、ある程度の知識を身につけておくと、スムーズに仕事をこなしていける、という事は間違いありません。

 

就職する際も、採用する施設側の立場で見れば、全く予備知識が無い素人よりも、事前に知識を身につけた有資格者を採用したいと思うのは当然の事ですし、仕事に対するやる気という意味でも伝わりやすいのでは無いでしょうか。

 

そういった意味でも、時間・経済的にある程度の余裕がある方あれば、事前に介護事務の資格を取得し、基礎知識を身につけたうえで、就業するのが良いのでは無いでしょうか。

 

実際に就業してみれば分かると思いますが、仕事において重要なのは専門知識やスキルだけでなく、一緒に働く職員や利用者とのコミュニケーションといった人間関係の部分が大きいと思います。

 

ですので、有資格者・無資格者ともに、全くの1から仕事に取り組み、事業所ごとに設定された介護システムを理解し、周りの人間とよりよい人間関係を築いていくことが大切だという事は共通して言えることなのではないでしょうか。