介護事務資格の難易度はどれくらい?

介護事務資格を取得する難易度はどれくらいなのでしょうか。

 

ここでは、介護事務資格の難易度について、ご説明していきたいと思います。

 

難易度はどれくらい?

介護事務の資格には、全部で9種類もの資格が存在しています。全てが民間資格となっていますので、試験や内容などは様々なものになります。

 

種類が存在しているということは、それぞれの資格によって難易度が異なるということです。

 

介護事務の資格として、介護業界などで認知度の高い資格3種類程度を見てみましょう。

 

○ケアクラーク・・・合格率70%程度
○介護事務管理士・・・合格率55%程度
○介護事務実務士(R)・・・合格率65%程度

 

このように、50%?70%程度の合格率となっています。

 

合格率から難易度を推測するとすれば、難易度はそこまで高くないと言えるのではないでしょうか。

 

試験は、学科試験と実技試験の両方が行われる事になります。学科試験では、介護保険法による専門的知識などが問われますが、テキストの持込が可能となっている試験もあります。

 

実技試験では、実際にレセプトの作成を行っていく事になります。受験資格が設けられていない資格の場合、独学で受験する方もおられますが、やはり実技試験の面では講座やスクールに通う方が得策だと言えます。

 

地域密着型の資格や、指定学校に通う生徒が対象となる資格の場合には、合格率も高いとされています。

 

このような場合、合格率は非公開となっている資格が多くありますので、詳細は不明です。ですが、対策などが充実しているとされることから、合格率は高く、難易度もそこまで高くは無いという事が言えそうです。

 

いずれの場合であっても、スクールや講座を受講することで、自分のペースで自分の分かりやすい方法で学習していれば、合格できるような資格が多くなっています。

 

分からないところをそのままにしておくことが無い様にするためにも、しっかりと質問することが出来るサポートが整っている講座を選ぶ事が大切です。