介護事務コラム記事一覧

高齢化の問題は、私達の生活に大きな影響を与えると言われています。団塊世代が高齢者となる2015年以降の10年間で、高齢者人口はピークを迎えるでしょう。その数は、3500万人を越えるとまで言われており、日本における高齢化の問題はさらに深刻化していくことが予測されます。中でも注意深く見ていかなければいけないのが、要介護・要支援高齢者のうち「認知高齢者」の人数が急速に増えることです。2002年時点で、約...

将来、福祉関係の仕事に就こうと考えている大学生です。最近になって、祖母の介護施設への入所などで、福祉の現場を見るにつけ、自分の体力ではムリかな…と思い始めています。施設のスタッフは皆さん腰痛持ち。身体を壊して、50代半ばまでに退職する人が多いのだそう。そんな中、あるスタッフから、今後、「介護事務」が不足する可能性があると聞き、事務職なら長く務められるのではないか、と思ったのです。介護事務は、介護施...

2000年代後半の就職氷河期に、就活に失敗。以来、ずっと派遣社員をしてきました。いちおう、経理は少しかじりましたが…。このままではいつまでもハケンのまま。そろそろ、小手先ばかりの仕事をさせられるのではなく、正社員で、自分にふさわしい仕事を見つけたいと考えています。でも、私には、特に資格もなく、今さらですが、自分が何に向いているかさえ分からない状況です。情けないですね。いちおう、まだ20代には引っか...

企業に一般職として勤務する私は、“資格マニア”。勤務のかたわら取得した資格は、宅建・医療事務・調剤薬局事務・秘書技能検定・アロマテラピー検定・紅茶コーディネーター・コーヒーコーディネーター検定・マイクロソフト オフィス スペシャリスト…。みんな、通信講座で取得した資格です。客観的に見たら、趣味的な資格や、将来性イマイチ(笑)な資格もあるかと思いますが、一応、楽しみながら取得しました。最近、スタート...

ついに先月東京で「第6回ロボット介護機器開発パートナーシップ会合」が行われました。ネット配信によるライブ中継が行われるなど、大変活気づいた会合であったという印象を持ちました。多くの研究者が最善の形で統合し作り上げた介護ロボットは感動的ですが、その多くの方々が直接介護に携わることは出来ないのだろうかと浅はかな考えが浮かんできてしまうのです。その人それぞれがもつ生きがいに関わる話なのであまり声を大にし...

来年度の法改正で「要支援1」と「要支援2」が介護保険制度から切り離されるかもしれません。これは私たちが支払っている介護保険料に対介護保険を利用している方が多く、財政を圧迫しているための苦肉の策と言えるでしょう。私がこのように、介護の話題に関心を持つようになったのは、私自身が介護事務の仕事に興味を持ち始めたからです。介護事務の仕事をするにはやはり資格が必要だろうと思い、ネットで検索すると実に様々な介...

私の義理の母は昨年他界してしまいました。母は長年パーキンソン病を患いながらも、喜んで通所リハビリに通っていました。私は都合のいい日はその送迎をしていました。その施設でいつも私の話し相手をしてくださっていた介護事務の女性には随分と助けられました。誰にも言えない愚痴を聞いてくれ、苦労話を笑い話に変えてくれ励ましてくれました。母が亡くなってから施設に行くこともなくなり寂しさを感じていたある日、バッタリそ...

介護保険制度というものをご存知ですか?これは、介護業界で勤務する方や、身内の方の介護をされている方であれば、ご存知かと思います。ここでは、介護保険制度についてご説明していきます。介護保険制度とは?介護保険制度は、介護を必要とする高齢者の方やその家族の方を、社会全体で支えていくという仕組みです。介護が必要となっても、出来る限り自立した生活を送るために支えていくことを目的とし、平成12年に始まった制度...