ケアクラーク技能認定試験とは?

介護事務の資格

ケアクラーク技能認定試験は、介護事務をするにあたり、必要になってくる資格の一つです。介護事務には複数の資格がありますが、ケアクラーク技能認定試験は、かなりメジャーな試験で、日本医療教育財団が認定している資格です。

 

ケアクラークはかなり認知度が高く、多くの介護事務の人が持っている資格がケアクラークと言えます。ケアクラークは、介護事務だけでなく、社会福祉や介護技術にも求められるような知識や技能なども学ぶ事になるので、それだけ介護を極める事ができます。

 

ケアクラークの資格を持っていて、介護事務に採用されやすいというのもあり、受ける人が多いのと、試験の回数が多いので受けやすいという事もあり、ケアクラークの人口は高いです。また合格率も高いので、敷居の高くない試験と言えます。

 

受験資格など一切なく、独学で勉強してすぐに試験を受ける事ができます。

 

介護事務だけでない事務一般を学べる

介護事務の資格にはなるので、介護制度の勉強、また介護事務の主な仕事であるレセプトの作成など、しっかりと介護関係の知識を学ぶ事が必要になりますが、ケアクラークはそれだけではありません。介護事務以外の事務関係も学んでおく必要があります。

 

コミュニケーション能力や社会福祉や介護技術など、根本的な介護制度に置いても、学んでいきます。その為に、ケアクラークの資格を持っていると、介護事務として技能や知識の高さを証明する事ができます。

 

何回も受けられる

特に受けられる回数が決まっている訳でもなく、受けてまた次の試験を受ける事ができます。試験料も6000円とそこまで高くなく、申し込みもすぐできます。失敗してもすぐに受け直しがきくので、受けやすいです。

 

年に6回の試験がありますので、介護事務の資格を取得しようと勉強を始めてから、最短で3ヶ月ほどで取得できる人もいるようです。一番取得の早くできる試験と言えます。