介護事務の通信講座を上手に活用するには?

通信講座は自分のペースでできる

介護事務の資格を取得しようと思うのに、勉強方法と言えば、今CMでもやっている通信講座で取得する人も多いでしょう。

 

通信講座のメリットは「自分のペースでできる」「金額を抑えられる」という面だと思います。仕事や家事、育児の合間をもって自宅で勉強できる。添削してもらえるので理解しやすいなど。

 

しかしデメリットとして「継続して勉強できない」「続かなくなった」という人がいます。挫折という問題とぶち当たる事は通信講座にはつきものです。自分のペースと言われると、ついつい継続ができにくく、時間が取れなくなる人も多いようです。

 

まさに自分に勝つ!という状態で勉強しないと続きません。また分からなくなった時にきちんと理解するまで勉強しないと、ただこなすだけでは資格は取得する事はできません。

 

せっかく通信講座を受講するのですから、有効的に、そして合格できるような勉強法にしないともったいないです

 

通信講座を選び活用する

まずは通信講座の会社を選びましょう。有名どころならどこでもいい、という問題ではありません。合格率の実績や、カリキュラムの内容、教育訓練給付金制度に対応している、サポートの充実など、ポイントで比べて慎重に選ぶ事をおススメします。

 

そして常にテキストは持ち歩いておくといいです。どこでもいつでも思い立った時に勉強できる環境を自分で作っておく事は重要です。後回しにできないようにするのがポイントです。

 

またスケジュールはしっかりと立てましょう。余裕を持って、多少のずれは見逃せるような体制が一番です。勉強する時間はなるべく決めた方がいいです。夜の8時ならこの1時間は机に向かおう、というもの。それ以外にも勉強の時間は作りますが、これだけは譲れないというものです。

 

また添削制度は多いに活用するべきです。何度も分からないことは聞いて、わかるまで解説してもらう事。それをメモにして、持ち歩くのも一つです。

 

そしてテキストは何度も繰り返しやる事。一度なぞったから、分かったという事はありません。何度も同じテキストを活用するのが、覚えるのに有効な方法です。

 

同じテキストを勉強する事で、短時間で覚える事が出来るハズです。合格した場合、その後のサポートもしてくれます。積極的に通信講座とやり取りするのが、一番の活用方法です。