介護事務以外の介護の資格について

有名なのはヘルパー資格

介護の資格と言えば、ヘルパーが一般的なものではないでしょうか。介護制度が始まり、特に高齢者社会になるという事から、今でも人気の資格は介護ヘルパーです。

 

介護ヘルパーは生活の中で介護を必要としている人のお世話をする人の事です。ご飯や歩行の介助や、お風呂に入れるなどの行動の介護もありますが、中にはご飯を作る、掃除をするなど身の回りのお世話をする介護もあります。

 

介護ヘルパーの資格を取得すると、介護施設で働く事ができるだけでなく、訪問看護などにも行く事ができます。また経験を積んで、いく事によって介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得する事ができます。ケアマネでは、介護を必要としている人のアレンジメント、相談に乗るなど直接現場に足を運ぶよりは、その人に合ったサービスを紹介する役割になります。

 

介護の仕事はこれからも需要が高くなると言われています。高齢者社会になり、ますます介護事業は拡大をしていきます。その際にヘルパーなどの介護資格を持っている人は有利になってくるのです。

 

介護の仕事

ヘルパーやケアマネの他にも介護の資格を持つ仕事はあります。

 

社会福祉士・精神保健福祉士・理学療法士・作業療法士・福祉住環境コーディネーター(1級〜3級)・福祉用具専門相談員・居宅介護従業者・重度訪問介護従業者・行動援護従業者などです。

 

特に理学療法士、作業療法士、社会福祉士などは国家試験を合格しないといけない職種で、介護には欠かせないものです。ヘルパーとは違い、身近なお世話をするのではなく、これ以上悪くならないように、より生活レベルをあげられるようにしていく仕事です。リハビリの一つとして、今注目をされている資格です。

 

リハビリ病院だけでなく、デイケアやデイサービスでも需要が高くなってきているので、ますます資格取得者は求人がでるのではないでしょうか。

 

介護事務は国家資格ではありませんが、それでも国家資格の世界で働く事ができます。そういった資格を持つ人達と、介護の世界に携われる事ができるのです。